ドライバーの面接時に履歴書はいる?

一般の求人では必須の履歴書だが…

履歴書

応募連絡の後はいざ面接。
一般の業種ならば必須の履歴書、風俗業界には必要なのか…

必要ではないがあったほうが良い

面接の場でなぜ履歴書が必要なのでしょう。
それは、その人のこれまでの経歴を見て採用するかどうか判断するためです。
IT起業で務めていた、飲食店で務めていた、ドライバー業務をやっていた、などなど。
風俗業界といえど過去の経験を活かせる場面は多いですから店側もその情報を元に人員配置をしたいと考えるでしょう。
また、素性の知れない人を雇うのはリスクが高いです。
今以上にアングラな業界だった頃は怪しげな人が働いていることも少なからずありました。
履歴書の提出はこの問題の解消に一役買っています。
最初から採用ありきの店舗や女性求人の場合は履歴書が必要ない場合もありますが履歴書が無駄になることはありません。
※女性求人の場合はプロフィールを記載する用紙があって面接時に記入したりして履歴書変わりにすることがあります。

⇒ドライバーの仕事、どんな人が採用される? 風俗業界の求人だからといって甘く見ていると、不採用なんて事になってしまうかも。

担当者が履歴書を必要とするほかの理由

採用・面接担当者が履歴書を持参するように求職者に求める理由は上記の経歴の確認の他にもあります。
それは能力テスト 履歴書を作成できるだけのスキル(と言っていいかわかりませんが)を計っているのです。
この説明を笑って聞き流せるあなたは問題ありません。
しかし、世の中には履歴書を書いたことがない、書き方がわからない、そんな人がいるのです。
偏見は良くありませんが、そのレベルに達していない人を働かせることにリスクを感じる担当者は多くいます。
履歴書の内容をパンパンに詰め込むような必要はありませんが嘘を付く、必要事項を書いてない、写真が貼ってないなど履歴書としての完成度の低いものもチェックされてしまうでしょう。

転職時の履歴書にはどう記載する?

風俗業界で働いてそのまま骨をうずめる人もいますが、また別の業界に転職する人もいます。
そういった場合には履歴書にどう書いたらいいのでしょうか。

企業名がある場合はそれを書く
風俗店も運営を企業名で行っている場合があります。
その名称を記載して大まかな仕事内容(送迎、受付)を記載する。
期間が短い場合は記載しない
履歴書にはすべての内容を記載しなくてはいけない義務はありません。
当然ウソはいけませんが空白にするのはありです。
説明としてはその間にはこまごまとバイトをしていた、ということで問題ありません。
正直に書く
近い業種の場合はこれで問題なし。
逆にアピールポイントになるかもしれません。