送迎中のデリヘル嬢との会話はどうする?

デリヘル嬢お店の大事な商品、扱いは慎重に

デリヘル嬢との会話

ある意味ドライバーが一番接することになるデリヘル嬢。
車内での対応はどのあたりに気をつけるべきでしょうか。

敬語が基本です

デリヘルドライバーは30代以上の男性が基本的に多いです。
デリヘル嬢は、というと20代が多いです。
もちろん熟女デリヘルなどもあるのですが、年下のデリヘル嬢を乗せる機会があります。
そんな時でも話をするときは敬語を使いましょう。
店舗に置ける序列は当然デリヘル嬢の方が上です。
必要以上に謙らなくてよいですが、なれなれしくならないよう注意しましょう。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

挨拶はしっかりする

「おはようございます」「お疲れ様です」
はきはきとした挨拶は職場の雰囲気を明るくしてくれます。
デリヘルのドライバーの仕事でも心掛けたいポイントです。
これができる、出来ないでデリヘル嬢の印象はかなり変わります。

デリヘル嬢の中には挨拶に反応しない・無視する人もいます。
元々そういうタイプの人なのかもしれませんし、たまたま機嫌が悪い・体調が悪いときもあるでしょう。
ドライバー側は気にせず自分のスタンスを貫きましょう。
続けていくことで、次第にデリヘル嬢側の対応も変わってくるかもしれませんので。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

会話は最低限でOK

デリヘル嬢には敬語で対応しますが、ドライバーはご機嫌取りをするためにがんばって会話をする必要はありません。
悲しい話ですが、デリヘル嬢の中にはドライバーと会話をしたくない人も結構います。
挨拶のほか、送迎の仕事で必要な会話だけで十分です。
もし、相手から積極的に離しかけてきたのであれば対応しましょう。
ドライバーは仕事がないと基本一人です。
会話の相手がいないために寂しくなってデリヘル嬢と色々会話したくなるときもありますが、相手(デリヘル嬢)のことを考えて自重することも大切です。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

デリヘル嬢を詮索するな

女性がデリヘルで働く、そこには様々な理由があるはずです。
また、決して人に話したくなるような仕事ではないのも事実。
知られたくないこと、プライベートなことを聞くのはタブー。
個人情報など在籍中・辞めた後のどちらの場合でもトラブルになりそうなことは聞くべきではありません。
あまりしつこいとデリヘル嬢から送迎拒否されてクビになる場合もあります。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

ここだけの話、他の嬢・スタッフの話は禁物

送迎中の車の中は密室。
他の人には聞かれない、聞かれちゃマズい話も出来ます。
でも止めておきましょう。
店の内情や他の嬢の話をペラペラしゃべる人に自分の話が出来るでしょうか?
今ここでしゃべった話も別の嬢を送迎中にここだけの話されるかも。
そう考えるのが普通です。
口の軽い人は信用されません。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

⇒デリドラ求人情報リスト 疑問・質問が解決したら実際の求人を見てみましょう!

ドライバーとデリヘル嬢の関係を崩さない

送迎する側とされる側。
この適度な距離感を保ちましょう。
男女の関係なるなんてもってのほかです。
店の大事な商品に手を出したらクビは必至。
あくまで金を稼ぐための仕事。
そのスタンスを貫きましょう。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

仕事終わりのデリヘル嬢には注意

ドライバーの送迎には仕事に向かうデリヘル嬢を送る場合の他、仕事を終えたデリヘル嬢を乗せての運転もあります。
一仕事終えたデリヘル嬢には独特な雰囲気があります。
少し気だるそうで、シャワーを浴びて肌はやや熱を帯び、1人の男の性欲を解消してきたなんとも言えないフェロモン。
こんなときほどドライバーへ冷静沈着でなければなりません。
一時の気の迷いでおいしい仕事をパーにするのはもったいないですからね。
色気は勝手にこちらが感じてることで、デリヘル嬢本人は客に対してのストレスが溜まっていることも多いので労をねぎらう以外の余計な会話はしないほうが無難でしょう。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

デリヘルドライバーの給料システムは?

送迎ドライバーの給料事情

デリヘルドライバーの給料システム

働くからには重要なのが給料。
デリヘルドライバーの給料はどういったシステムなのでしょうか。

時給・日給制

デリヘルドライバーの給料体系でもっとも基本的なシステムです。
勤務時間(拘束時間)ごとに給料が発生します。
送迎業務の量には関係しません。
最大のメリット?と言って過言ではないのが仕事を行っていない待機中にも給料が発生することでしょう。
金額の目安は時給1,000円~、日給8,000円~くらいです。
給料が高い店舗や、経験が長い人の給料は時給1,500円台もあります。

⇒ドライバー給料解説トップに戻る

歩合・出来高制

一部の店舗で取り入れられているのが歩合・出来高制。
担当した送迎業務の量・回数に応じて給料が支払われます。
店舗の集客でその良し悪しは180度変わるので注意が必要です。
忙しい店舗であれば大変だけれども時給換算以上のお金が手に入りますが、暇な店舗だと拘束時間ばかりが長くて稼げません。
本業として働くならお店の知名度・規模などもチェックしておいたほうが良いでしょう。

⇒ドライバー給料解説トップに戻る

⇒デリドラ求人情報リスト 疑問・質問が解決したら実際の求人を見てみましょう!

ドライバー業務にかかるお金

仕事をして給料を稼ぐ。
当たり前の流れですが、必要経費を無視するわけにはいきません。
以下の経費は店舗側負担自己負担かで大きく変わってくるのでドライバーの仕事を探す上で要チェック項目です。

ガソリン代
車を動かすエネルギーであるガソリンは送迎の仕事に必須です。
仕事をすればするだけお金がかかるので自己負担の場合は結構ツライ。

店舗側が支給してくれる場合は実費ではなく走行距離(km)に対して○○円という場合が多いです。
燃費の良い車の方が得です。

店舗によってはガソリン代を自己負担することを条件に時給が増えることもあります。
高速代
デリヘルの送迎範囲は結構広く、場合によっては高速道路の利用を行うこともあります。
頻度はまれですが、このお金を負担させられるのは正直厳しいので必ず確認しておきましょう。
メンテナンス費
送迎に使用する車は基本的にドライバー側が用意します。
走行距離が長くなればタイヤを始め各パーツが痛むこともあるでしょう。
また、送迎しているデリヘル嬢が車内で化粧・飲食をして汚してしまうこともあるでしょう。
それら車のメンテナンスに関する費用が発生しますが、まだまだ保証の対象としてい店舗が少ないです。
⇒ドライバー給料解説トップに戻る

給料の支払いはいつ?

雇用形態によって少し異なります。
バイト勤務の場合はその日の業務後に日払いでもらえます。
レギュラー・正社員勤務の場合は月末に1か月分の支給です。
申請すれば日払いが可能なことも多いので上手く使い分けましょう。

⇒ドライバー給料解説トップに戻る