車が無くてもドライバーの仕事ができる店舗

デリヘルドライバー求人の常識を覆す

車

車が無くても働ける。
そのカラクリは簡単です。
送迎用の車を店側が持っているのです。
自己負担を減らして高収入を得られる求人情報を紹介しましょう。
※随時データ追加中

東京エリア

UPs GROUP(アップスグループ)

給料
時給:1,500円~
資格・条件
18歳以上
就業時間
9時~翌5時のシフト制
チェックポイント
都内で4店舗を経営しているグループです。
社用車は全車ナビ付きなのでエリアに多少詳しくなくても対応できるでしょう。
その他の待遇も良い条件が揃っています。
詳しい求人は
UPs GROUP(アップスグループ)ドライバー求人
⇒ページトップに戻る

スタイルグループ

給料
時給:1000~1500円
資格・条件
18歳以上の男女
経験者優遇・未経験可
就業時間
8時~翌6時のシフト制
チェックポイント
現在はドライバーよりも内勤スタッフを募集している様子です。
店舗の拡大にあわせて社用車も増やしているので応募しやすくなっています。
車の持ち込み者への優遇がありますので持ち込みに抵抗が無い場合はそちらもオススメ。
詳しい求人は
スタイルグループドライバー求人
⇒ページトップに戻る

東京乙女組グループ

給料
日給:12,000円~
資格・条件
24歳~
就業時間
レギュラー出勤は5~6日
夜勤務は18時~、昼勤務は12時~で各8~10時間勤務 バイト勤務は2日~3日 6時間以上の勤務※応相談
チェックポイント
レギュラー出勤でガッツリ稼ぎたい人も、バイト勤務で気軽に稼ぎたい人にもオススメ。
仕事終わりの副業にもある程度は対応してくれるそうなので電車通勤の人が仕事終わりに社用車でドライバーの副業をして終電で帰る、何てことも一応可能です。
詳しい求人は
東京乙女組グループドライバー求人
⇒ページトップに戻る
もっと求人を調べたくなったら
東京エリアのデリヘルドライバー求人一覧

事故もトラブルもドライブレコーダーで安心?

21世紀のドライバーの必需品?

ドライブレコーダー

ドライバーに必要なものは様々ありますが、これからの時代には必須になるかもしれないものがあります。

ドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーは映像や音声で走行記録を保存できる機器です。
近年は事故発生時の証拠としての重要性が高まり、導入を検討している人も多いのではないでしょうか。
その他、旅行中やドライブ中の思い出として道中の車内映像を撮影することにも使えます。
価格はピンキリですが1万円以下で買うことができます。

⇒記事トップに戻る

ドライバー勤務時の事故率は?

残念ながらデリヘルドライバーが絡んだ事故率の統計データはありません。
全般のデータを見ると、夜間(日没~日の出)の事故率は全体の約25%です。
当然交通量が減ってくるので割合自体は少ないですが、死亡事故など重大事故になる確率は日中と変わりません。
デリヘルドライバーには慎重な運転が求められますので実際の事故率は低いとは思いますが、いざと言う時のためにドライブレコーダーを検討してみましょう。

⇒記事トップに戻る

⇒デリヘルドライバーに必要な免許 免許が無くてはドライバーは始められない、でも普通の免許でOK?

事故時の身の潔白を証明する

前述しましたが、ドライブレコーダー導入の目的&メリットは自身の身を守ることです。
今までは事故においてどちらに過失があったかは双方の主張や目撃者の証言、車の状態などで総合的に判断されていましたが、それが100%実情を表しているとは言いがたいものでした。
しかし、ドライブレコーダーならばかなりの確率で事故時の状況を警察や保険会社など第3者に伝えることができます。
もちろん店舗の責任者にも自分が被害者であることを伝えれるかどうかは重要です。

⇒記事トップに戻る

デリヘル嬢とのトラブル回避にも使える

ドライブレコーダーの便利な点は車外の記録だけでなく車内の記録も残せることです。
もちろん、ドライバーとデリヘル嬢の思い出を残すためではありません(笑)
悲しい話ですが、デリヘル嬢の中にはちょっとしたイライラを解消するために、もしくは気に入らないドライバーを辞めさせるために「言い寄られた」「体を触られた」など虚偽の報告を店舗の責任者にすることがあります。
その際に身の潔白を証明するのにドライブレコーダーが役に立ちます。
デリヘル嬢ばかりを悪役にするのも良くないですので、別の考え方をするならば、ドライブレコーダーはデリヘル嬢にちょっかいを出す自分の気持ちに歯止めをかけることにも使えます。

⇒記事トップに戻る

使用前に責任者に伝える

ドライブレコーダーは便利な機能を備えているのでぜひとも導入したい機器です。
但し、映像と音声の記録を取ることはプライバシーに配慮する必要があります。
特にデリヘルドライバーとデリヘル嬢は友人でも家族でもない関係ですから事前に何も告げずに撮影をするのは少々問題があります。
プライベートな話、店の話、他のデリヘル嬢の話、など車内という密室だからこそ話せる内容もあるでしょう。
後々のトラブルを避けるために、ドライブレコーダーを導入した場合や導入済みの車で送迎を予定している場合は面接時に責任者にその旨を伝えておくと良いでしょう。

⇒記事トップに戻る

過去ログ