デリヘル送迎に使う車の持ち込みについて

送迎に欠かせない車についての疑問

送迎車

送迎ドライバーの相棒、それは車。
その車についての疑問点についてまとめました。

車はドライバーの持ち込みが多い

送迎に使う車はドライバーが用意することが基本だと思っておきましょう。
大手のデリヘル店であれば社用車を使える場合もりますが、レアなケースです。

送迎車としてNGな車

デリヘル嬢を送迎するための車ですからあまりにも狭い車はNG。
後部座席がそもそも狭い、荷物がたくさんあるから狭い…、改善できるところは改善しましょう。
改造など安全な送迎に影響する可能性がある車もNGになる事が多いです。
送迎車には安全と快適さが求められます。
なぜなら、乗せているデリヘル嬢はお店に多大な利益をもたらす存在。
危険・不快な思いはさせないのが鉄則です。
燃費が悪い車は自分の給料に影響するので避けたほうが良いでしょう。
※ガソリン代の店側負担があってもあまりにも燃費の悪い車なら余剰分はドライバーの負担になる場合も。

⇒デリヘルドライバーのガソリン代支給額は? 車を動かす燃料「ガソリン」。
必要不可欠な経費はどうなるのか…

エリアや店の状況で求められる車は少し異なる

都市部のデリヘルで送迎ドライバーを行う場合、送迎先のラブホテルや自宅が入り組んだ道・細い道にあることもしばしば。
送迎車はコンパクトな方が便利です。
ドライバーの人員が足りずに複数の女性を車内で待機させなくてはならない場合はワゴンなど広めの車の方が喜ばれます。
店舗によっては事務所には常駐せずにスタッフ・女の子が全員車のなかで待機して「うごくデリヘル」状態になることも(笑)
さすがにその場合には車の持ち込みはないでしょうからご安心を。

車に対して神経質な人はちょっと難しい

愛車を仕事に使用するデリヘルドライバーの仕事。
車に強い愛着がある人、他人を車に乗せること(その使用マナー)に神経質な人にはちょっとツライ時があるかもしれません。
デリヘル嬢の中には移動中に車内でメイクをしたり食事をしたりする人がいます。
無意識のうちに食べかすが落ちたり、不意にメイク道具を車内に落としたりと車内が汚れる可能性があります。
その辺りのメンテナンス代まで別途もらえるケースは少ないのでおおらかな気持ちで臨むか、最初から汚れ防止の対策を取っておく必要があります。
間違ってもデリヘル嬢を怒ったりしないようにしましょう。

この記事へのコメント