ドライバーの仕事、どんな人が採用される?

採用される人、採用されない人

デリヘルドライバーの採用

ドライバーの募集は風俗業界の求人の中でも人気の職種。
稼ぐためにはまず採用を、ということで採用されるにはどんなことが重要なのかまとめてみました。

特別なスキルは必要なし

風俗業界と言うだけで身構えたくなるのはわかりますが中で働いている人たちは特殊な人種、と言うわけではありません。
スキルとしては運転免許があれば十分です。
人を運びますが2種免許はいりません。

⇒デリヘルドライバー採用条件トップに戻る

車の持ち込みは採用を左右する

応募資格にそもそも書かれていることが多い車の持ち込み
持ち込み必須のデリヘルに持ってない人が応募しても採用されないのは当然なのでそれは割愛。
問題となるのは、社用車あり車持ち込みで優遇などの記載が求人にある場合です。
前者の社用車の件ですが、大手グループの場合だと車のメンテナンスや安全管理を自社でやりたがる(社用車を使う)傾向があるので持ち込みできないことはそれほど不利には働きません。
後者の優遇措置の件だとやはり持ち込みできる人の方が採用率は上がります。

⇒デリヘルドライバー採用条件トップに戻る

⇒デリドラ求人情報リスト 疑問・質問が解決したら実際の求人を見てみましょう!

コミュニケーション能力は必要か

別記事送迎中のデリヘル嬢との会話はどうする?で触れましたが、ドライバーは送迎業務に関連して、多少女の子とのやり取りを行います。
ここで言うコミュニケーション能力とは女性を楽しませるとか、モテるとかそういった能力ではなく、人として気持ちよく仕事するための能力です。
相手の目を見て話せる、挨拶がしっかりできる、意外とできてない人がいて不採用になってしまうのです。

⇒デリヘルドライバー採用条件トップに戻る

「報・連・相」ができる人

一度でも部下を持った人や後輩の世話係りをした人ならばわかってくれるかもしれません。
仕事をする上で報告・連絡・相談ができない人はとにかく扱いが大変です。
自分の勝手な判断で動かれるとトラブルの予知・回避が難しくなり、場合によっては被害・損害が増えてしまいます。
「上司に言うと面倒くさがられるから」などの理由はわからなくはないですが自分の身を守るためにもしっかり「報・連・相」です。
※これに関しては採用されやすいと言うよりは採用後にクビになりにくい人、という内容ですね。

⇒デリヘルドライバー採用条件トップに戻る

「普通」の感覚を持っている人

風俗業界は特殊な業界ゆえに一般の会社で働けなくなった人が求人応募するケースは少なくはありません。
それらの人たちはどこか「普通」の感覚を失っていることが多々あります。
必要な書類を持ってこない、電話口の対応が友達感覚、ドタキャンする…などなど
風俗業界を甘く見ていると簡単に不採用の烙印を押されます。
ドライバーとして店舗の円滑な運用と女の子の安全を任せるスタッフを採用する立場になって考えてみるとどんな人こそ一緒に働きたいのか何となく想像できるのではないでしょうか。

⇒デリヘルドライバー採用条件トップに戻る

この記事へのコメント

過去ログ