デリヘルドライバーの給料システムは?

送迎ドライバーの給料事情

デリヘルドライバーの給料システム

働くからには重要なのが給料。
デリヘルドライバーの給料はどういったシステムなのでしょうか。

時給・日給制

デリヘルドライバーの給料体系でもっとも基本的なシステムです。
勤務時間(拘束時間)ごとに給料が発生します。
送迎業務の量には関係しません。
最大のメリット?と言って過言ではないのが仕事を行っていない待機中にも給料が発生することでしょう。
金額の目安は時給1,000円~、日給8,000円~くらいです。
給料が高い店舗や、経験が長い人の給料は時給1,500円台もあります。

⇒ドライバー給料解説トップに戻る

歩合・出来高制

一部の店舗で取り入れられているのが歩合・出来高制。
担当した送迎業務の量・回数に応じて給料が支払われます。
店舗の集客でその良し悪しは180度変わるので注意が必要です。
忙しい店舗であれば大変だけれども時給換算以上のお金が手に入りますが、暇な店舗だと拘束時間ばかりが長くて稼げません。
本業として働くならお店の知名度・規模などもチェックしておいたほうが良いでしょう。

⇒ドライバー給料解説トップに戻る

⇒デリドラ求人情報リスト 疑問・質問が解決したら実際の求人を見てみましょう!

ドライバー業務にかかるお金

仕事をして給料を稼ぐ。
当たり前の流れですが、必要経費を無視するわけにはいきません。
以下の経費は店舗側負担自己負担かで大きく変わってくるのでドライバーの仕事を探す上で要チェック項目です。

ガソリン代
車を動かすエネルギーであるガソリンは送迎の仕事に必須です。
仕事をすればするだけお金がかかるので自己負担の場合は結構ツライ。

店舗側が支給してくれる場合は実費ではなく走行距離(km)に対して○○円という場合が多いです。
燃費の良い車の方が得です。

店舗によってはガソリン代を自己負担することを条件に時給が増えることもあります。
高速代
デリヘルの送迎範囲は結構広く、場合によっては高速道路の利用を行うこともあります。
頻度はまれですが、このお金を負担させられるのは正直厳しいので必ず確認しておきましょう。
メンテナンス費
送迎に使用する車は基本的にドライバー側が用意します。
走行距離が長くなればタイヤを始め各パーツが痛むこともあるでしょう。
また、送迎しているデリヘル嬢が車内で化粧・飲食をして汚してしまうこともあるでしょう。
それら車のメンテナンスに関する費用が発生しますが、まだまだ保証の対象としてい店舗が少ないです。
⇒ドライバー給料解説トップに戻る

給料の支払いはいつ?

雇用形態によって少し異なります。
バイト勤務の場合はその日の業務後に日払いでもらえます。
レギュラー・正社員勤務の場合は月末に1か月分の支給です。
申請すれば日払いが可能なことも多いので上手く使い分けましょう。

⇒ドライバー給料解説トップに戻る

免許がなくてもデリヘルドライバーとして働ける?

車を運転する仕事、免許がなくてもできるのか…

教習所

まだ免許を持ってないけどデリヘルドライバーの仕事に興味がある。
何とか働けないものか…

法律違反は出来ません

現実は非常です。
日本国内で、いや海外も含めて運転免許がないのに車を運転したら捕まります。
そこはきっぱりと諦めてください。
逆に、過去持っていたけど免許停止させられた、紛失した場合も当然働けません。
黙っていれば大丈夫、バレない自信がある…。
もしもの場合に自分1人だけがトラブるなら良いですが、働いているお店にまで影響を与えてしまうので辞めておきましょう。

⇒デリヘルドライバーに必要な免許 関連する記事もチェック!

免許に関するレアな待遇・システム

免許がない、すなわちドライバーとして働けないのが結論ですが、それでもまだ諦められない人にとって光明となるかもしれない待遇を紹介。
運転免許取得支援制度
その名の通り運転免許を取得しようとしている貴方を応援しますよ、という制度。
とは言え、教習所代を出してくれるなんて事はありません(結構高いですし)
支援は「仕事の時間を融通します」という事。
免許取得のためには教習所に通う必要がありますが、結構時間がかかりますし期間もそれなりに。
社会人となりフルタイムで働くとこの時間を捻出するのがかなり大変です。
そこを、調整してくれるのです。
ドライバーデビューまでの間は受付など別の仕事をメインとしつつ、しっかり教習所に通って免許を取得。
そして晴れてドライバーの仲間入りです。
免許自体はドライバーの仕事を実際にするかどうかに関係なく持っていて損はない資格ですから持ってない人はこういった制度を積極的に利用することをオススメします。

デリヘルドライバーのガソリン代支給額は?

ドライバー業務に欠かせない燃料の件

ガソリン

送迎車を動かすガソリン。
給料から引かれるのはなるべく避けたいところ。
そして、支給されるとしてもどれくらいの額がもらえるのかもチェックしておきましょう。

ガソリン代支給の相場は?

ガソリン代は従量制を採用している店舗が多いです。
額はまちまちですが、相場は「15~20円/km」。
時給にもよりますが、20円の支給が受けられるのはなかなか待遇の良いお店と言えます。
ガソリン代の相場と基本給(時給)を照らし合わせて良いお店を探しましょう。
ただし、支給額はドライバーの求人情報にもなかなか記載がないので電話やメールなどで問い合わせる必要があります。

デリヘルドライバーの走行距離

デリヘルドライバー、場所によっては隣県まで運転することもあります。
その走行距離はどれくらいなのでしょう。
目安は1日(フルタイム)で100km。
都市部だと近場にラブホテルが密集していることも多いので短距離送迎が多く1日50kmほどの場合もあります。
地方、もしくは遠方への交通費が安い店舗などは1日200km以上になることも。
走行距離が増えると車のメンテ代もかさむので出来るだけ近場で働けるところの方がオススメです。
逆に、遠方の場合は待機中に別の送迎が、ということはまずないのでゆっくり休めるメリットもあるといえばあります。

燃費の良い車の方が結局稼げる

ガソリン代が走行距離によって算出される以上、燃費の良い車で送迎を行うほうが最終的に貰える金額は多くなります。
そのためだけに送迎車を買い換えるのはやりすぎかもしれませんが、長期で働こうと考えている場合は一考の余地はありますよ。
逆にあまり燃費の良くない車で送迎しようとすると店の人に止められることもあります。
お金を稼ぐための仕事として働くわけですからガソリン代に足を引っ張られて稼げずに辞められたらもったいないですからね。

意外な落とし穴?季節で変わる燃費

普段から車に乗る機会が多い方ならピンと来るでしょうが、季節が変わると燃費に影響してくるものがあります。
それは、「エアコン(A/Cスイッチ)」。
冷房時はいやおう無く燃費に影響してきます。
車種によって異なるようですが、10%~20%ほど影響があります。
暖房のみ利用時は燃費に影響しませんが、車内の曇り止めなどのためにA/Cを使うとやはり燃費に影響します。
自分1人なら我慢もできますが、女の子を乗せている以上エアコンを使わないのは難しいです。
夏場の方が冬場に比べて車の燃費が悪くなることが多いので給料への影響が大きくなります。