デリヘルドライバーに必要な免許って何?

送迎ドライバーに必要不可欠なもの

運転免許

送迎ドライバーの仕事は運転。
仕事には欠かせない免許についてまとめます。

無免許運転はもってのほか

車を運転するのことが送迎ドライバーのメイン業務。
そのため、当然運転免許が必須となります。

無免許運転は我が身を滅ぼすだけでなく、働いている店舗の営業停止に繋がる危険性もありますので絶対に止めておきましょう。
免許停止中などの場合も同様です。
万が一、無免許でもOK、なんてお店があったら超危険店ですので辞めておきましょう。
どうしてもお金が必要で収入が高い風俗関係の仕事がしたい場合は免許が無くても働ける店舗型風俗店の内勤スタッフに応募しましょう。
参考:関東のヘルス店受付スタッフ募集店リスト
参考:関西のヘルス店受付スタッフ募集店リスト

応募年齢に関するページでも書きましたが免許の取得は18歳になってから。
そのため、ドライバーの仕事は必然的に17歳未満は働けません。

⇒免許がなくてもデリヘルドライバーとして働ける? 関連する記事もチェック!

2種免許は必要?

大部分の人が持っている自動車を運転する免許は「普通免許」だと思います。
運転免許にはそれとは別に、タクシー・ハイヤー・運転代行を行うための「2種免許」があります。
2種免許は客を乗せての運転や客の車を代わりに運転するための免許。
デリヘル嬢を乗せて移動する送迎ドライバーにも2種免許が必要なのでは?と思う方がいるかもしれませんが必要はありません
デリヘル嬢は客ではありませんし(嬢から送迎代金が出るわけではない)、基本的に自らの車を運転します(もしくは店舗の所有する車)。
普通免許で問題なく働けます。

運転歴はどれくらい必要なの?

送迎ドライバーが一番気にすべき点は「安全運転
それを間接的に知れるのが運転歴ではないでしょうか。

残念ですが、ペーパードライバーはかなり難しいです
1年くらいは運転歴がないと面接時に落とされることもありえます。

逆に無事故・無違反、ゴールド免許などアピールできる点があるなら積極的に。
可能性として多くはありませんが、スタート時の時給に影響する場合がありますのでお忘れなく。

デリヘルドライバーの年齢制限について

送迎ドライバーは何歳まで働ける?

送迎ドライバーの年齢

風俗業界で働くことを決心する人々の境遇は様々です。
20代の若者もいれば、中年を超えて高齢になっている人もいるでしょう。
今一度、デリヘルの募集要項の年齢がどうなっているか見てみましょう。

働けるのは18歳から

まずは年齢の下限についてみていきましょう。
デリヘルの送迎ドライバーとして働けるのは18歳からです。
これは2つの理由があります。

1つは普通免許(自動車)の取得が18歳以降でしかできないため
送迎ドライバーは運転ができなければ仕事になりません。
その免許の取得が18歳となればドライバーとしての就業もおのずと18歳から、となります。

もう1つの理由はデリヘルを含む風俗店での就業に関する法律
法律上18歳未満は働けません。
これは男性スタッフも、風俗・デリヘル嬢も同様です。
厳密に言えば年齢だけの問題ですので高校生であっても働けますが、基本的に店舗側は高校生は雇いません。
以上の2つの理由でドライバーとして働くには18歳以上であることが必須なのです。

おじいちゃん世代でも活躍できる

ドライバーは18歳から働ける
とは言ったものの、そんな年齢はとうに超えている方が大半でしょう。
一般の会社では定年間近、そんな年齢でもドライバーとして働けるのだろうか…

ぶっちゃけて言えば可能です
年齢だけで諦めるのは早いです。
ドライバーの仕事は力仕事がそれほどなく、運転席に座っている時間が大半なので体力もそれほど必要ではありません。
50代・60代でも問題なく働けます。
しかし注意点もあります。
送迎ドライバーは安全運転が第一の仕事。
加齢による注意力・集中力・運転技術の衰えが感じられるのであれば避けたほうが無難でしょう。
運転に自信がない方はドライバー意外の職種を探したほうが採用にはつながりやすいかも知れません。

ドライバーの仕事、どんな人が採用される?

採用される人、採用されない人

デリヘルドライバーの採用

ドライバーの募集は風俗業界の求人の中でも人気の職種。
稼ぐためにはまず採用を、ということで採用されるにはどんなことが重要なのかまとめてみました。

特別なスキルは必要なし

風俗業界と言うだけで身構えたくなるのはわかりますが中で働いている人たちは特殊な人種、と言うわけではありません。
スキルとしては運転免許があれば十分です。
人を運びますが2種免許はいりません。

⇒デリヘルドライバー採用条件トップに戻る

車の持ち込みは採用を左右する

応募資格にそもそも書かれていることが多い車の持ち込み
持ち込み必須のデリヘルに持ってない人が応募しても採用されないのは当然なのでそれは割愛。
問題となるのは、社用車あり車持ち込みで優遇などの記載が求人にある場合です。
前者の社用車の件ですが、大手グループの場合だと車のメンテナンスや安全管理を自社でやりたがる(社用車を使う)傾向があるので持ち込みできないことはそれほど不利には働きません。
後者の優遇措置の件だとやはり持ち込みできる人の方が採用率は上がります。

⇒デリヘルドライバー採用条件トップに戻る

⇒デリドラ求人情報リスト 疑問・質問が解決したら実際の求人を見てみましょう!

コミュニケーション能力は必要か

別記事送迎中のデリヘル嬢との会話はどうする?で触れましたが、ドライバーは送迎業務に関連して、多少女の子とのやり取りを行います。
ここで言うコミュニケーション能力とは女性を楽しませるとか、モテるとかそういった能力ではなく、人として気持ちよく仕事するための能力です。
相手の目を見て話せる、挨拶がしっかりできる、意外とできてない人がいて不採用になってしまうのです。

⇒デリヘルドライバー採用条件トップに戻る

「報・連・相」ができる人

一度でも部下を持った人や後輩の世話係りをした人ならばわかってくれるかもしれません。
仕事をする上で報告・連絡・相談ができない人はとにかく扱いが大変です。
自分の勝手な判断で動かれるとトラブルの予知・回避が難しくなり、場合によっては被害・損害が増えてしまいます。
「上司に言うと面倒くさがられるから」などの理由はわからなくはないですが自分の身を守るためにもしっかり「報・連・相」です。
※これに関しては採用されやすいと言うよりは採用後にクビになりにくい人、という内容ですね。

⇒デリヘルドライバー採用条件トップに戻る

「普通」の感覚を持っている人

風俗業界は特殊な業界ゆえに一般の会社で働けなくなった人が求人応募するケースは少なくはありません。
それらの人たちはどこか「普通」の感覚を失っていることが多々あります。
必要な書類を持ってこない、電話口の対応が友達感覚、ドタキャンする…などなど
風俗業界を甘く見ていると簡単に不採用の烙印を押されます。
ドライバーとして店舗の円滑な運用と女の子の安全を任せるスタッフを採用する立場になって考えてみるとどんな人こそ一緒に働きたいのか何となく想像できるのではないでしょうか。

⇒デリヘルドライバー採用条件トップに戻る

ドライバーの面接時に履歴書はいる?

一般の求人では必須の履歴書だが…

履歴書

応募連絡の後はいざ面接。
一般の業種ならば必須の履歴書、風俗業界には必要なのか…

必要ではないがあったほうが良い

面接の場でなぜ履歴書が必要なのでしょう。
それは、その人のこれまでの経歴を見て採用するかどうか判断するためです。
IT起業で務めていた、飲食店で務めていた、ドライバー業務をやっていた、などなど。
風俗業界といえど過去の経験を活かせる場面は多いですから店側もその情報を元に人員配置をしたいと考えるでしょう。
また、素性の知れない人を雇うのはリスクが高いです。
今以上にアングラな業界だった頃は怪しげな人が働いていることも少なからずありました。
履歴書の提出はこの問題の解消に一役買っています。
最初から採用ありきの店舗や女性求人の場合は履歴書が必要ない場合もありますが履歴書が無駄になることはありません。
※女性求人の場合はプロフィールを記載する用紙があって面接時に記入したりして履歴書変わりにすることがあります。

⇒ドライバーの仕事、どんな人が採用される? 風俗業界の求人だからといって甘く見ていると、不採用なんて事になってしまうかも。

担当者が履歴書を必要とするほかの理由

採用・面接担当者が履歴書を持参するように求職者に求める理由は上記の経歴の確認の他にもあります。
それは能力テスト 履歴書を作成できるだけのスキル(と言っていいかわかりませんが)を計っているのです。
この説明を笑って聞き流せるあなたは問題ありません。
しかし、世の中には履歴書を書いたことがない、書き方がわからない、そんな人がいるのです。
偏見は良くありませんが、そのレベルに達していない人を働かせることにリスクを感じる担当者は多くいます。
履歴書の内容をパンパンに詰め込むような必要はありませんが嘘を付く、必要事項を書いてない、写真が貼ってないなど履歴書としての完成度の低いものもチェックされてしまうでしょう。

転職時の履歴書にはどう記載する?

風俗業界で働いてそのまま骨をうずめる人もいますが、また別の業界に転職する人もいます。
そういった場合には履歴書にどう書いたらいいのでしょうか。

企業名がある場合はそれを書く
風俗店も運営を企業名で行っている場合があります。
その名称を記載して大まかな仕事内容(送迎、受付)を記載する。
期間が短い場合は記載しない
履歴書にはすべての内容を記載しなくてはいけない義務はありません。
当然ウソはいけませんが空白にするのはありです。
説明としてはその間にはこまごまとバイトをしていた、ということで問題ありません。
正直に書く
近い業種の場合はこれで問題なし。
逆にアピールポイントになるかもしれません。