事故もトラブルもドライブレコーダーで安心?

21世紀のドライバーの必需品?

ドライブレコーダー

ドライバーに必要なものは様々ありますが、これからの時代には必須になるかもしれないものがあります。

ドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーは映像や音声で走行記録を保存できる機器です。
近年は事故発生時の証拠としての重要性が高まり、導入を検討している人も多いのではないでしょうか。
その他、旅行中やドライブ中の思い出として道中の車内映像を撮影することにも使えます。
価格はピンキリですが1万円以下で買うことができます。

⇒記事トップに戻る

ドライバー勤務時の事故率は?

残念ながらデリヘルドライバーが絡んだ事故率の統計データはありません。
全般のデータを見ると、夜間(日没~日の出)の事故率は全体の約25%です。
当然交通量が減ってくるので割合自体は少ないですが、死亡事故など重大事故になる確率は日中と変わりません。
デリヘルドライバーには慎重な運転が求められますので実際の事故率は低いとは思いますが、いざと言う時のためにドライブレコーダーを検討してみましょう。

⇒記事トップに戻る

⇒デリヘルドライバーに必要な免許 免許が無くてはドライバーは始められない、でも普通の免許でOK?

事故時の身の潔白を証明する

前述しましたが、ドライブレコーダー導入の目的&メリットは自身の身を守ることです。
今までは事故においてどちらに過失があったかは双方の主張や目撃者の証言、車の状態などで総合的に判断されていましたが、それが100%実情を表しているとは言いがたいものでした。
しかし、ドライブレコーダーならばかなりの確率で事故時の状況を警察や保険会社など第3者に伝えることができます。
もちろん店舗の責任者にも自分が被害者であることを伝えれるかどうかは重要です。

⇒記事トップに戻る

デリヘル嬢とのトラブル回避にも使える

ドライブレコーダーの便利な点は車外の記録だけでなく車内の記録も残せることです。
もちろん、ドライバーとデリヘル嬢の思い出を残すためではありません(笑)
悲しい話ですが、デリヘル嬢の中にはちょっとしたイライラを解消するために、もしくは気に入らないドライバーを辞めさせるために「言い寄られた」「体を触られた」など虚偽の報告を店舗の責任者にすることがあります。
その際に身の潔白を証明するのにドライブレコーダーが役に立ちます。
デリヘル嬢ばかりを悪役にするのも良くないですので、別の考え方をするならば、ドライブレコーダーはデリヘル嬢にちょっかいを出す自分の気持ちに歯止めをかけることにも使えます。

⇒記事トップに戻る

使用前に責任者に伝える

ドライブレコーダーは便利な機能を備えているのでぜひとも導入したい機器です。
但し、映像と音声の記録を取ることはプライバシーに配慮する必要があります。
特にデリヘルドライバーとデリヘル嬢は友人でも家族でもない関係ですから事前に何も告げずに撮影をするのは少々問題があります。
プライベートな話、店の話、他のデリヘル嬢の話、など車内という密室だからこそ話せる内容もあるでしょう。
後々のトラブルを避けるために、ドライブレコーダーを導入した場合や導入済みの車で送迎を予定している場合は面接時に責任者にその旨を伝えておくと良いでしょう。

⇒記事トップに戻る

送迎中のデリヘル嬢との会話はどうする?

デリヘル嬢お店の大事な商品、扱いは慎重に

デリヘル嬢との会話

ある意味ドライバーが一番接することになるデリヘル嬢。
車内での対応はどのあたりに気をつけるべきでしょうか。

敬語が基本です

デリヘルドライバーは30代以上の男性が基本的に多いです。
デリヘル嬢は、というと20代が多いです。
もちろん熟女デリヘルなどもあるのですが、年下のデリヘル嬢を乗せる機会があります。
そんな時でも話をするときは敬語を使いましょう。
店舗に置ける序列は当然デリヘル嬢の方が上です。
必要以上に謙らなくてよいですが、なれなれしくならないよう注意しましょう。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

挨拶はしっかりする

「おはようございます」「お疲れ様です」
はきはきとした挨拶は職場の雰囲気を明るくしてくれます。
デリヘルのドライバーの仕事でも心掛けたいポイントです。
これができる、出来ないでデリヘル嬢の印象はかなり変わります。

デリヘル嬢の中には挨拶に反応しない・無視する人もいます。
元々そういうタイプの人なのかもしれませんし、たまたま機嫌が悪い・体調が悪いときもあるでしょう。
ドライバー側は気にせず自分のスタンスを貫きましょう。
続けていくことで、次第にデリヘル嬢側の対応も変わってくるかもしれませんので。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

会話は最低限でOK

デリヘル嬢には敬語で対応しますが、ドライバーはご機嫌取りをするためにがんばって会話をする必要はありません。
悲しい話ですが、デリヘル嬢の中にはドライバーと会話をしたくない人も結構います。
挨拶のほか、送迎の仕事で必要な会話だけで十分です。
もし、相手から積極的に離しかけてきたのであれば対応しましょう。
ドライバーは仕事がないと基本一人です。
会話の相手がいないために寂しくなってデリヘル嬢と色々会話したくなるときもありますが、相手(デリヘル嬢)のことを考えて自重することも大切です。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

デリヘル嬢を詮索するな

女性がデリヘルで働く、そこには様々な理由があるはずです。
また、決して人に話したくなるような仕事ではないのも事実。
知られたくないこと、プライベートなことを聞くのはタブー。
個人情報など在籍中・辞めた後のどちらの場合でもトラブルになりそうなことは聞くべきではありません。
あまりしつこいとデリヘル嬢から送迎拒否されてクビになる場合もあります。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

ここだけの話、他の嬢・スタッフの話は禁物

送迎中の車の中は密室。
他の人には聞かれない、聞かれちゃマズい話も出来ます。
でも止めておきましょう。
店の内情や他の嬢の話をペラペラしゃべる人に自分の話が出来るでしょうか?
今ここでしゃべった話も別の嬢を送迎中にここだけの話されるかも。
そう考えるのが普通です。
口の軽い人は信用されません。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

⇒デリドラ求人情報リスト 疑問・質問が解決したら実際の求人を見てみましょう!

ドライバーとデリヘル嬢の関係を崩さない

送迎する側とされる側。
この適度な距離感を保ちましょう。
男女の関係なるなんてもってのほかです。
店の大事な商品に手を出したらクビは必至。
あくまで金を稼ぐための仕事。
そのスタンスを貫きましょう。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

仕事終わりのデリヘル嬢には注意

ドライバーの送迎には仕事に向かうデリヘル嬢を送る場合の他、仕事を終えたデリヘル嬢を乗せての運転もあります。
一仕事終えたデリヘル嬢には独特な雰囲気があります。
少し気だるそうで、シャワーを浴びて肌はやや熱を帯び、1人の男の性欲を解消してきたなんとも言えないフェロモン。
こんなときほどドライバーへ冷静沈着でなければなりません。
一時の気の迷いでおいしい仕事をパーにするのはもったいないですからね。
色気は勝手にこちらが感じてることで、デリヘル嬢本人は客に対してのストレスが溜まっていることも多いので労をねぎらう以外の余計な会話はしないほうが無難でしょう。

⇒デリヘル嬢との会話解説トップに戻る

デリヘル送迎に使う車の持ち込みについて

送迎に欠かせない車についての疑問

送迎車

送迎ドライバーの相棒、それは車。
その車についての疑問点についてまとめました。

車はドライバーの持ち込みが多い

送迎に使う車はドライバーが用意することが基本だと思っておきましょう。
大手のデリヘル店であれば社用車を使える場合もりますが、レアなケースです。

送迎車としてNGな車

デリヘル嬢を送迎するための車ですからあまりにも狭い車はNG。
後部座席がそもそも狭い、荷物がたくさんあるから狭い…、改善できるところは改善しましょう。
改造など安全な送迎に影響する可能性がある車もNGになる事が多いです。
送迎車には安全と快適さが求められます。
なぜなら、乗せているデリヘル嬢はお店に多大な利益をもたらす存在。
危険・不快な思いはさせないのが鉄則です。
燃費が悪い車は自分の給料に影響するので避けたほうが良いでしょう。
※ガソリン代の店側負担があってもあまりにも燃費の悪い車なら余剰分はドライバーの負担になる場合も。

⇒デリヘルドライバーのガソリン代支給額は? 車を動かす燃料「ガソリン」。
必要不可欠な経費はどうなるのか…

エリアや店の状況で求められる車は少し異なる

都市部のデリヘルで送迎ドライバーを行う場合、送迎先のラブホテルや自宅が入り組んだ道・細い道にあることもしばしば。
送迎車はコンパクトな方が便利です。
ドライバーの人員が足りずに複数の女性を車内で待機させなくてはならない場合はワゴンなど広めの車の方が喜ばれます。
店舗によっては事務所には常駐せずにスタッフ・女の子が全員車のなかで待機して「うごくデリヘル」状態になることも(笑)
さすがにその場合には車の持ち込みはないでしょうからご安心を。

車に対して神経質な人はちょっと難しい

愛車を仕事に使用するデリヘルドライバーの仕事。
車に強い愛着がある人、他人を車に乗せること(その使用マナー)に神経質な人にはちょっとツライ時があるかもしれません。
デリヘル嬢の中には移動中に車内でメイクをしたり食事をしたりする人がいます。
無意識のうちに食べかすが落ちたり、不意にメイク道具を車内に落としたりと車内が汚れる可能性があります。
その辺りのメンテナンス代まで別途もらえるケースは少ないのでおおらかな気持ちで臨むか、最初から汚れ防止の対策を取っておく必要があります。
間違ってもデリヘル嬢を怒ったりしないようにしましょう。

送迎中、道に迷ったらどうする?

送迎中、迷子にならないために

道に迷ったらどうする

送迎中先はどこだっけ?
今自分がいるのはどこ?
道に迷ったらどうしたらよいのか…

迷ったらお店に連絡

道に迷った場合は速やかにお店の責任者に連絡を取りましょう。
お店側はお客さんに到着予定時間を伝えてあるのでその調整や問合せへの対応をしてもらいます。
連絡後は責任者の指示に従って行動します。
どうしても自分のミスを報告したくない気持ちはわかりますが、素直に伝えたほうが事態は好転しやすいです。
結局お客から到着していないことを店側に連絡されたらバレるのでこちらから連絡しておきましょう。

ナビがほぼ必須なデリドラ業界

道に迷わないための力強い相棒が「ナビ」です。
今では7割近くの普及率を誇るのでドライバー業務を始めようという皆さんの車にも搭載されていることでしょう。
これさえあれば基本的には安心です。
お店によってはナビがない車では働けない、という場合もありますのでデリドラを始める前に購入することをオススメします。
いきなり高額なナビを買うのは懐事情が厳しい人はナビアプリが安価で便利です。
仕事だけでなく、プライベートでも便利なものですから損はありません。

過信は禁物

ナビなんてなくても生まれ育った街だからどこだって送迎できる。
自信を持って働くのはすばらしいことですが、それが過信となってしまう可能性があるので油断は禁物です。
ラブホテルなど、ある程度固定の建物への送迎は無理なく出来るかもしれませんが、デリヘルはお客さんの自宅への送迎もあります。
また、都道府県を越えて利用するお客さんも少ないながらもいます。
どんなときにでも対処できるような体制を整えておくほうが長く仕事を続けていく上で重要になってきます。

食事にトイレ、送迎の仕事中に気をつけること

ワンランク上の送迎ドライバーになるために

トイレマーク

ドライバー業務中に気をつけておいたほうが良いちょっとしたポイントをまとめています。
頭の片隅に入れておいて、不測の事態に備えましょう。

ドライバーのトイレ事情

ドライバーは業務中、基本的に車内で過します。
特に送迎真っ最中は降りられません。
生理現象が起きた際も難しいです。
一番困るのがトイレ事情。
大きいほうはあまり対策が取れませんが、おしっこのほうは過度な水分摂取を抑えることで予防はできます。
また、待機中や移動中で余裕の有るタイミングにコンビニなどでトイレを済ましておく事もオススメです。
ただし、繁華街のコンビニはそもそもトイレの利用ができない場合があるので要注意です。

食事は匂いの強いものを避ける

ドライバーの車内は密室。
エアコンをつける場合が多いので食事はあまり匂いの強いものは避けましょう。
仕事中の食事もそうですし、仕事前の食事にも気をつけたいところ。
窓を開ければ解決するかもしれませんが、ヘアセットが乱れるのでデリ嬢から嫌がられます。
常に送迎対象であるデリ嬢のことを考えるクセをつけた方が良いでしょう。
あまり嫌われすぎるとそれを理由にクビになることもありえます。
デリヘル嬢からうざがられるドライバーとは?

デリ嬢の前で食事をしない

これはある意味「気遣い」の範疇です。
デリ嬢に限らず女性は常にダイエットを意識している生物です。
スリムな女性を求めるお客さんも多いですし、ストレスで過食しがちな仕事でもあります。
そんな女性の前でムシャムシャ食事するのはあまりオススメするような行為とはいえません。
ドライバーの仕事もいろいろと忙しいので食事をするタイミングが取れない事も多いですがこういった気遣いができるかどうかでデリ嬢からの印象が変わってくることもあるのです。

過去ログ