デリヘルドライバーの走行距離はどれくらい?

デリヘルドライバーは1日にどれくらいの距離を走っているのか?

デリヘルドライバー走行距離

持ち込み車両で送迎するとなると、気になるのが1日の走行距離。
給与にも影響してくるので要チェックです。

都道府県を越えることもある送迎

デリヘルの最大の魅力は自宅にいながらでもデリヘル嬢を呼べること。
それは隣県の垣根も簡単に超えてきます。
その距離を負担するのが送迎ドライバーの仕事。
どれくらいの距離を1日で走破しているのでしょうか。

送迎ドライバーの走行距離

デリヘルドライバーの1日の走行距離は約100~150kmです。
店舗の守備範囲や需要度によって様々です。
デリヘルとは言いつつも近場のラブホテルの利用を推奨している場合ならば50km程度で抑えれることも。
逆に広範囲への送迎が可能な店舗はその分走行距離も伸びます。
距離の長さが忙しさと直結するわけではないので仕事面だけではどちらが良いかはなんともいえません。

ちなみに、その他のドライバー業務の1日の走行距離は
タクシー
約200km※法律で上限が決められている。地域によって異なり、250km~360kmほど
バス(貸切・観光、高速込み、ワンマン)
上限670km※法律での上限
長距離トラック
700km~、多い人は1000kmを超える場合も

⇒デリヘルドライバーのガソリン代支給額は? 関連する記事もチェック!

給料にも関わる走行距離

走行距離の長さは仕事をする上での大変さ以外にも重要な意味を持ちます。
それはガソリンの消費量の多さです。
ガソリン代の支給がなく、自腹で払う場合は走行距離が長くなればなるほど負担が大きくなります。
ガソリン代支給の待遇がある場合で、全額負担の場合は全く気にする必要はありませんが支給額が1km当たりで固定の場合は事情が異なります。
燃費の悪い車で送迎するほど負担の割合が多くなってしまうのです。
求人情報ではガソリン代の支給があるかどうかまではチェックできますが、その店のドライバーの1日の走行距離の目安はわかりません。
なるべく面接時などに確認しておくと良いでしょう。

デリヘルドライバーがお金の管理もする?

大事な大事なお金の管理

デリヘルの売上金

デリヘルはお客さんからお金をもらって性的サービスを行うお店。
そのお金の管理を誰が行うのかは店舗によって様々。
よくあるパターン2つを解説します。

デリヘルが管理する場合

サービスを提供するデリヘル嬢が管理する場合です。
お客の元へ到着し、前払いで料金を受け取ります。
サービス終了後もそのままお金は持ったままで、その日最後の接客を終えたあとに事務所に向かい、責任者に渡します。
この方法は、防犯上問題が多いので取り入れている店舗は少なめです。

ドライバーが管理する場合

お客からデリヘル嬢がお金を受け取るまでは基本同じです。
※徹底している店舗では最初のお金の受け取りの時点でドライバーが行うこともあります。
サービス終了後に車に戻った段階でドライバーはデリヘル嬢からお金を受け取ります。
ドライバーはその日の業務が終わったら事務所に向かい、責任者にお金を渡します。
現在はこの方法が主流となっています。

ドライバーが管理するメリット

前述のドライバー管理の方法が主流になるのはメリットがあるためです。
そのメリットとは、
1、デリヘル嬢の防犯
デリヘル嬢はいわば最前線でお客と接する立場にあります。
そのデリヘル嬢が大金を持ち歩くのはとても危険です。
下手すると最終出勤のタイミングを見計らって呼び、その日の売上金全部を盗まれる可能性もあります。
2、デリヘル嬢の窃盗を防ぐ
先ほどはデリヘル嬢を守る意味合いで、と解説しましたが、デリヘル嬢も人の子。
元々お金を稼ぐために風俗業界に踏み込んだわけですから目の前に大金があった場合に出来心が働いてもおかしくはありません。
直接売上金に手を出さずとも、客元で追加オプションを注文させてその分を懐へ、といった方法もある程度は防ぐことが出来ます。

デリヘルドライバーの車に搭載するアイテム

送迎車の中に準備しておくモノ

デリドラの必須アイテム

送迎車の中はさしずめ「ミニデリヘル」
必要不可欠なものだったり、お客の突然の要望に応えるものが入ってます。

ローション、イソジンなど

風俗業界ではほぼ必須のローション。
口・喉を洗浄するイソジン。
お客の体を洗うボディーソープ。
殺菌力の高い石鹸グリンス
上記のアイテムは風俗サービスに欠かせないもの達です。
管理の仕方は店舗によってまちまちで、デリヘル嬢が個別で持つこともありますし、ドライバーが車の中に用意しておくこともあります。
前者の場合でも忙しい嬢が補充するために車内には必要です。
これらは店舗から支給されるので当然自分で買い揃える必要はありません。
仕事が終わったら返却します。

大人のおもちゃ、衣装など

いわゆる「オプション」に該当するものです。
デリヘルには様々な追加サービスがあります。
それは何も最初の注文時に毎回出るわけではなく、女の子が到着してからお客が要望するケースもあります。
そんな場合にいちいち事務所に戻ってはいられませんから車の中にある程度用意しておくのです。

下着・ストッキングなど

こちらもオプションに関するもの。
デリヘルには嬢がはいた下着のプレゼントやパンスト破りのオプションが存在します。
これら消耗品はサービスが終われば嬢の手元からはなくなりますので準備しておくのです。

送迎の仕事がないときはどうする?

空いた時間はどうなる?

送迎待機

店舗の規模やスタッフの人数によりますが、時として送迎の仕事がストップすることもあります。
デリヘル嬢が絶賛ご奉仕中の場合も同様です。
こうった空いた時間にはどのような過し方をするのでしょう。

車内待機が基本

お客が少ないときやデリヘル嬢がサービス中にはドライバーは基本的に車内で待機します。
多少の移動や外に出ることはOKですが、業務連絡などをしっかり受けれるようにしておく必要があります。

待機中の行動は自由

待機中にずっと正座して待っておく必要はありません(笑)
連絡が取れて、すぐに車を移動できるような状態であれば何をしても基本自由です。
スマホでゲームしてもOK、読書するのもOK、食事をするのもOKです。
とは言え、一応給料が発生している時間ですから、(時給・日給などの場合)連絡を受けたら速やかに業務に戻りましょう。

デリヘルドライバーに必要な免許

送迎ドライバーに必要不可欠なもの

運転免許

送迎ドライバーの仕事は運転。
仕事には欠かせない免許についてまとめます。

無免許運転はもってのほか

車を運転するのが送迎ドライバーのメインの業務。
当然免許が必須となります。
無免許運転は我が身を滅ぼすだけでなく、店舗の営業停止に繋がる危険性もあります。
免許停止中などの場合も同様に控えます。
無免許でもOK、なんてお店があったら超危険店ですので辞めておきましょう。
応募年齢に関するページでも書きましたが免許の取得は18歳になってから。
必然的に17歳未満は働けません。

⇒免許がなくてもデリヘルドライバーとして働ける? 関連する記事もチェック!

2種免許は必要?

大部分の人が持っている自動車を運転する免許は「普通免許」だと思います。
運転免許にはそれとは別に、タクシー・ハイヤー・運転代行を行うための「2種免許」があります。
2種免許は客を乗せての運転や客の車を代わりに運転するための免許。
デリヘル嬢を乗せて移動する送迎ドライバーにも2種免許が必要なのでは?と思う方がいるかもしれませんが必要はありません。
デリヘル嬢は客ではありませんし(嬢から送迎代金が出るわけではない)、基本的に自らの車を運転します(もしくは店舗の所有する車)。
普通免許で問題なく働けます。

運転歴はどれくらい必要

送迎ドライバーが一番気にすべき点は「安全運転」
それを下支えするのが運転歴。
残念ですが、ペーパードライバーはかなり難しいです。
1年くらいは運転歴がないと面接時に落とされることもありえます。
逆に無事故・無違反、ゴールド免許などアピールできる点があるなら積極的に。
可能性として多くはありませんが、スタート時の時給に影響する場合がありますので。

デリヘルドライバーの年齢制限について

送迎ドライバーは何歳まで働ける?

送迎ドライバーの年齢

風俗業界で働くことを決心する人々の境遇は様々です。
中には中年を超えて高齢になっている人も。
デリヘルの募集要項はどうなっているのでしょうか。

働けるのは18歳から

デリヘルの送迎ドライバーとして働けるのは18歳から。
これは2つの理由があります。
1つは普通免許(自動車)の取得が18歳以降でしかできないこと。
送迎ドライバーは運転できなければ仕事になりませんので必然的に18歳から、となります。
もう1つの理由はデリヘルを含む風俗店での就業に関する法律。
法律上18歳未満は働けません。これは男性スタッフも、風俗・デリヘル嬢も同様です。
厳密に言えば年齢だけの問題ですので高校生であっても働けますが、基本的に店舗側は高校生は雇いません。
以上の理由でドライバーとして働くには18歳以上であることが必須なのです。

おじいちゃん世代でも活躍できる

ドライバーは18歳から働ける。
とは言ったものの、そんな年齢はとうに超えてさらに2周くらいしている方も多いでしょう。
一般の会社では定年間近、そんな年齢でもドライバーとして働けるのだろうか…
ぶっちゃけて言えば可能です。
仕事自体はそれほど力仕事もなく、基本的には運転席に座っているので体力も必要ではありません。
50代・60代でも問題なく働けます。
とは言え、安全運転が第一の仕事。
注意力・集中力・運転技術はそれなりに求められます。
運転に自信がない方はドライバー意外の職種を探したほうが採用にはつながりやすいかも知れません。